うるめフライピロ 


ほどよい柔らかさと上品な塩加減は、いちど食べだすと、もう止まりません。リピーターが多いのも納得です。


■焙焼後、吹き付け程度のオイルコーティングして塩と調味料で味付けして、軽く焼いてあるので、パリッとした食感で多くの方を虜にしています。


 ■普通の魚の干物的に考えるととても生臭いイメージをもたれると思います。でもこのうるめフライは違います。焙焼後、薄いオイルコーティングという工程を経ているため、魚の臭みが少ない。


 ■2匹ずつ個包装しているので、最後の1匹までおいしい鮮度が保たれ、清潔で長期間の保存にも有効です。


 ■厳選された国内産最高級のうるめをつまみながらの焼酎は、また格別な味わいです。


 ■うるめイワシはイワシ類の数パーセントくらいの漁獲量。中でも小さいうるめイワシは珍重され、今ヘルシー系おつまみとして大人気。


■栄養バランスがよく、育ち盛りの子供さんにも食べやすい小魚で、 おつまみとしてだけでなく子供さんから年長者の方に、おやつがわりとしても喜ばれています。


■居酒屋さんでは、箸置に!お料理が出る前に、とりあえず「うるめ」をつまみに!




<うるめの豆知識>

うるめとは、ニシン目ウルメイワシ科の海魚「うるめいわし」のことです。うるめいわしは大きな目がうるんだように見えることから名づけられたそうです。

ちなみに漢字で書くと「潤目鰯」。


  

関連商品