小嶋 基次先生の「心のおしゃれ学」NO.6 2014/01/06

雪が解けたら NO2

今の時代、人間にとって必要なものは情操教育です。

奥ゆかしい、“おしゃれ”人間なのです。こんな人は将来、悪いことはしないでしょう。

同様に次のような問題もあります。
「石炭をアルコールに変えるには?」という問題に、多くの人はすぐ方
程式や化学記号によって問題を解決しようとするでしょう。

でも、次のように言える子供はどうでしょう。
「石炭を売ってアルコールを買えばいい」
点数にはならないでしょうが、機知とユーモアに富んだ人間になるでしよう。

人生の創造(create)と挑戦(chanllenge)です。

「母の日」に2 本の赤いカーネーションを購入してきた娘に母親が、
「あなたにはお母さんが二人いるの?」と尋ねました。

娘さんは次のように答えました。「一本はお母さんので、もう一本は
お母さんのお母さんのです」

なんという奥ゆかしい、“おしゃれ”人間でしょう。
"おしゃれ”に必要な情緒は点数ばかりでは得られませんね。


戻る