★小嶋基次先生の「食育講座」  第13話 2005/07/05

★小嶋基次先生の「食育講座」  第13話

『食卓の阿吽の呼吸』 

愛知万博が開催されていますが、ロボットの演奏を聴いて感動したり、
パピリオンに入って感嘆したり、大勢の人々で感激したり、
感心して帰宅しましたか?

ところが最近、この感が減ってきました。
感は心なんです。
何事にも感激、感動、感謝する人は若い人ですね。

美味しい食事を採っても「別に」、綺麗な花を見ても「別に」。
これでは若いといえないし、人生も貧しいものです。

食卓では、家族で感激しながら、感謝しながら、美味しく賞味しましょう
食卓は教育の場です。

お母さんの「ウン、美味しい」とお父さんの「アッ、上手い」
の感動の言葉、この『ア』と『ウン』で「阿吽の呼吸」といって、
子供の教育に重要なのです。

食事は感動して、感謝、感心していただきましょう。

戻る