★小嶋基次先生の「食育&健康講座」 第22話美容と健康 NO5 2006/04/01

美容と健康 NO5

健康な人はおしゃべりをするでしょう。おしゃべりをする人は明るくて、健康的で美しいでしょう。

そうです。健康だからおしゃべりが出来て、おしゃべりをするから顔面の筋肉が活発に動いて元気に美しくなるのです。

会話をしようとすると、難しく構えてしまって顔つきも厳しくなってしまいます。
とりとめもない話を面白くおしゃべりをするのがいいのです。

これは、するめ、昆布、貝などを何回も咀嚼するのと同じで頭のためにも、美容のためにも、身体の健康のためにもいいのです。
そうです、以前にお話しました食物は良く噛んでとおしゃべりは同じ効果を持っているのです。

内容は何でも良くて、今日一日の出来事を面白おかしくお互いにしゃべれたら満点です。

話して笑えたら自己治癒力(自分で病気を治す力)や免疫力(病気にかからない力)も高まるのです。

おしゃべりができるということは、相手を理解できるということです。
自分の思いを相手にやることを思いやりというのです。
受けるという字に心を入れると愛という字になります。

さあ、今から心を受けて、愛で仲良く健康にすごしましょう。


戻る