★小嶋基次先生の「おもしろ健康学」健康序章  (1)健康とは 2006/06/05

健康とは寿命いっぱい寝込むことなく道が歩けること,それが健康でしょう。

具体的には(1)茶碗と箸を持って食事ができること。(2)衣服のボタンが

自分で掛けられること。(3)大便の後始末が自分で出来ること,それを健康

といいます。

女性の平均余命85歳,男性の平均78歳まで生きても健康でない人もいます。

その日まで道を歩いて仕事ができる。それを目標として今から考えておくこと

でしょう。

運動にしても,ただやらされる義務感でやっていることが多いようですね。

自分ですすんでやらないとなにもならないでしょう。

それと楽しんですることです。健康とは決して長生きすることでもありません

し,無病なことでもありません。

生きがいを持つこと,友達をもつこと,趣味を持つことが健康なのです。

では,次回から体の健康,心の健康,頭の健康,そして,若さについて順番に

述べて行きましょう。(次回はトレーニングは一人でのんびりと)です。

戻る