小嶋基次先生の「おもしろ健康学」No.52「信用ある経営者」 2008/10/31

「信用ある経営者」
最近世の中が騒がしくなって,振り込め詐欺とか,景気の変動など新聞紙上を賑わしています。スポーツの世界は無難と思っていたら,お相撲さんの八百屋の長兵衛騒ぎ(八百長)で,週刊誌を賑やかにして裁判沙汰まで引き起こしています。  


でも,お相撲愛好者に迷惑をかけているだけで,なんとか済んでいます。いや,愛好者も結構楽しんでいるかもしれないのです。

 また,テレビ画面では,お馬鹿タレントたちが,上半身裸になって,小学生でも解答できる問題に四苦八苦して,自分の馬鹿さかげんを売り物にしている現状。

聴視者も,その番組をみて自分に優越感を感じて,結構楽しんでいます。

以上,それはそれで結構なのですが,結構でないのは,食べ物,飲み物の汚染,大勢の国民が大迷惑なんです。

卵,牛乳に農薬が混じっているのが検査で発見されれば,鶏,牛の餌が農薬に汚染されていたとか,こうなると,誰を信じていいのか。自分の健康,自分の身体,自分の家族は自分で守ることが原則になっています。

有名店の名前にまどわかされないで,店の信用を大切にする店,儲け一辺倒の店より,経営者の姿勢,経営の考え方を十分に理解して,製品の
購入に踏み切ることでしょう。

経営者の人柄,信用を見極めましょう。

 弱い消費者のとる方法です。私はそのようにしています。明記してある説明にも,そのことは伺われます。


戻る