小嶋基次先生の「おもしろ健康学」No.64 2009/10/31

今日は観点を変えて,私の鬱憤を晴らしてみたいと思います。
それは,よく,テレビのグルメ番組とか,娯楽番組,特に街の情報紹介番組ですが,有名な俳優さんやタレントさんが,自分の行きつけの店を紹介して,店のマスターも顔を出して,スタジオの芸人とワイワイ試食をしております。

ところが,たいてい店は,当地の有名店ばかりなんですね。
タレントさんが,自分の見栄を張って高級店ばかりを,これみよがしに
紹介して,自分はいつも来ていることをいいたいのでしょう。私は,それを見るたびに苦々しく思います。

テレビを観ている大部分の一般大衆は,夢を見るのならそんなものは,観たくないのです。行きたくても行かれないのです。

いえ,私もいこうと思えば行けるぐらいの財力は工面出来ますが,それより街角のうどん屋とか街筋のピザ,せいぜい普通のすし,焼き鳥の情報が欲しいのです。タレントさんの話題に上る店なんか常に行けるわけがありません。

タレントさんも見栄を張らずに,誰でも気軽に行ける街の庶民の店でも紹介した方がタレントとして人気が上昇するのですが・・・人気商売ですから。

高級店(三つ星や五つ星店の紹介でなくて,庶民娯楽番組ということを忘れないで)若いタレントの高級店がよいは鼻持ちなりません。ひがみではありませんことを,申し上げておきます。    では・また   小嶋 基次

戻る