*小嶋基次先生の「おもしろ健康講座」No.87 2011/10/03

動物シリーズ?5 虎について

今月は私が最も尊敬している虎です。その理由はおいおい出てくるとして、私の嫁さんがトラ歳なんです。
ただ結婚式には猫を冠ってきました。

虎は大型の猫科なのですね。


虎とライオンは近縁で、ヒョウ類からライオンへの中間経路に虎があって、アジアで進化して虎が出現したと思われる。

尊敬している一つに虎は一日で千里(約4000キロメートル )を走るといわれています。

しかし日本では一里は4キロですが、諺のできた中国では一里は500mです。それでも一日500キロですね。

シベリヤトラの雄は1頭で数十平方キロメートルを縄張りにしています。

大体は小型の哺乳類のシカやイノシシの肉が好きで、、新鮮な肉だから人間のように中毒にはならないですね。

他には爬虫類とか魚類、昆虫とか果実や種子もあって、偏食はしない。大食が活動源の基で、一日平均で六〜十八キログラム食べるのだけど、一日に二十〜三十キロ食べても、筋肉を作っていて消化不良なんてならない。

でも一日で食べきれない時は数日にかけて食べて暴飲暴食はしないのです。やはり虎は強くてたくましいのは食が起原ですね。

メタボとは縁遠いのです。妊娠期間は98日〜110日らしいです。
1回で1〜6頭生まれますが、強いのを1頭だけ育てるのに谷に落として生命力を調べる。

発情期は、たった、数日しかなくて2日に100回も交尾するってめちゃ、元気です。

子供はママだけが育てるからシングルマザーばっかりということ。

1998年(平成10年)に発行された虎の雑学集に虎と寅の意味等が載っていますよ。

虎が出てくる伝説は多くて「かぐや姫」もそうですね。竹に月に虎は、よく似合いますね。

虎の目はいつも正面で、いつも孤独です。集団プレーで狩りはしません。

真珠湾攻撃の暗号「トラ」は「突撃、雷撃隊」の略号、「トラ、トラ、トラ」は「我が軍、奇襲に成功せり」の暗号で愛知県安城市の鉄塔から左世保の信号塔等を利用したのです。


いずれにしても、勇猛果断の象徴の虎は私は尊敬して、屏風絵にも一頭でにらみを利かせていまね。 

次回は真面目なウサギのお話です。お疲れ様でした。  小嶋基次

戻る